ぺんぎんのお話

「恋ペン」

イラスト 2人の人間とその様子をのぞいているペンギン

ハルは毎日決まった時間、夕れになると、こそっと家をけ出します。近くの海岸まで息をはずませてかけていきます。

「今日こそ」

そう言って、つきだしたがけの下、ほの暗い岩場の間へと入っていきました。そこは静かでだれかに見つかることはまずありません。町の人だって、知らない文字通りのあな場なのです。ハルが身をちぢめて中に入っていくと、人かげが見えます。

「ごめんよ、ユウ。ぼく待たせたよね」

ハルがそう声をかけると、ユウとばれたその人はり返り、笑いながら

「急がなくてよかったのに。いいよ、れてる」そう答えるのでした。

ユウの元へるとすぐにかたへ手がびてきます。それから包みむように両方の手でやさしくせられます。ユウのうでの中はひんやりした岩とはちがい、あったかくて、思わずハルは目を細めるのでした。

「じゃあまた明日ね」

ユウはそう言って一足先に帰ろうとします。

「一しょに帰りたいなぁ」

ハルがそう言うと、ユウはまた笑って

「ハルがこまるんだろ?おれは町の人たちにバレたっていいと思ってるよ」

ユウの言葉にハルは顔を熱くするのでした。それからほのかに差しむ月明かりの中で、時がぎるのを待っていたときのことです。

「あいつのこと言わなきゃなぁ」

とつぶやいていると岩間の外からコツコツとだれかがノックするような音が聞こえてきます。

「大じょう夫だよ、出ておいで」

ハルがそう言うと黒いクチバシと頭が岩かげからのぞきます。ぺたぺたと左右に白くて丸いおはらを左右にらしながらやってきます。ペンギンはこの海岸沿いの町では決してめずらしい生き物ではありませんが、人間に近づくペンギンは今まで見たことがありません。このめずらしいペンギンがこうやってあらわれたのはここ最近のことでした。そしてなぜかハルが一人にならないと、このペンギンは顔を出さないのでした。

きゅう。

ハルがペンギンの頭をなでてやると、高い声で鳴きます。しばらくでてやると、指をくわえられることもあります。しかえしにヒレじょうのつばさにさわろうとすると、ペンギンはつばさをひっこめてしまいます。でもしばらくハルが無理にさわろうとしないで、ほっておくと今度は自分からつばさをひょいとばしてくるのです。そんなハルにすっかりれたせいか、今日はハルの両足にひょいと飛び乗ってきました。

「ユウとは会わないの?」

ひとしきりペンギンと遊んだ後にハルがそう聞きます。ペンギンは何も答えない代わりに静かになって、じっとハルの目を見つめてきました。ペンギンはハル以外の人間との関わりをけているようでした。だからハルもユウにさえ、このペンギンのことは話していなかったのです。

「3人だったらもっと楽しいだろうなぁ」

岩間からのぞく夜空の星々が散らばった海に目線をそらしてハルがそう言うとペンギンもだまって海の方を見つめるのでした。

それから数日がったある日のことです。ハルとユウがいつもの場所で会っているときのこと、外からコツコツと岩をたたく音がしました。何も知らないユウはハルを守るように、ハルの体の前にかた手をばしました。

だれかいるのかい?」

ユウの緊張きんちょうした声を聞いたのは初めてのことです。でもハルは音の主がだれなのかを知っていました。

「大じょう夫だよ。出ておいで」

ハルがそう言ったことにユウはおどろいた様子です。ペンギンが岩のかげから顔を出すと、ちょこちょこと足を動かしてやってきます。しかし、この日はハルではなくユウの方にやってきたのです。ユウの目の前にやってくるとするどくったクチバシでっつき始めたのです。

いたいたい、なんだこの鳥」

ユウがさけびます。ハルはあわててペンギンを引きはなそうとしますが、めずらしくハルのうでの中でもずっとあばれておりました。

「なにをするんだ、ぼくの大事な人だぞ」

ハルが大声でそう言うと、ペンギンは静かになってじっとハルの目を見つめてきました。夜の海のようなこん色の目です。それから今度はうつむくと、海の方へペタペタと歩き出してしまいました。姿が見えなくなって、ジャボン。それきりペンギンは姿を見せることはありませんでした。

その夜、ハルはユウにペンギンのことを話しました。ハルが一人のときにやってくること、なついてきたこと、あんな風にクチバシでつつかれたなかったこと、そこまで聞いてユウは安心したようにため息をつきました。

「もしかしてあのペンギン、ハルのこと好きだったんじゃない?」

そっぽを向いてユウがそんなことを言いました。ハルはその一言に笑ってしまいます。

「え、ペンギンなのに?」とハルが笑いながら聞き返しました。

だれだれこいしたっておかしいことじゃないだろ」

ユウのその答えにハルは急に顔が熱くなったのを感じます。ユウも相変わらずそっぽを向いていますが、その顔はほんのり赤くなっています。ユウの手をぎゅっとにぎると、ハルは立ち上がりました。

「今日は一しょに帰ろう」

だれかに見られてもいいの?」

ユウにそう聞かれると、ハルは

「まだわからない、でもぼくもユウのことが好きだから今日は一しょに帰ろうよ」

やみの中、辺で二人は手をつないで帰っていったのでした。

戻る